平成7年
道路運送車両法一部改正による車検制度の見直し

どうしてここまで、自動車屋が乱立・低料金化が進んでいるのか?
一番の要因は平成7年の道路運送車両法改正により車検制度が見直された事です。要所を掻い摘んで分かり易くまとめてみました。

現在の車検制度は以下の2通りです
「前整備・後検査」=先に定期点検整備(車検整備)を実施してから検査(車検)を受ける事。一般的に自動車整備工場で行う整備付き車検。
「前検査・後整備」=先に検査(車検)を受けてから定期点検整備(車検整備)を実施する事。一般的にユーザー車検等。


話をさかのぼること平成7年、道路運送車両法一部改正により車検制度が見直されました。

改正の背景・・・
・自動車技術の進歩・自動車使用形態の多様化に適した対応をする
・自動車の使用者に保守管理義務の徹底を図る(自己責任)

こうした状況を踏まえ、国民の負担軽減を図る事にもなることから自動車の検査・点検整備の見直しが必要だとされました。要するに、クルマの技術進歩に対して車検制度が現代に適しているのか?という事です。


法改正の一番の焦点「前整備・後検査」「前検査・後整備」についてでした

法改正前=認証を受けた整備工場だけが検査(車検)を受ける事ができたので「前整備・後検査」でした。「前検査・後整備」はダメでした。よって、ユーザー車検はもちろんダメ、認証を受けていない自動車屋さん・中古車屋さん等は認証工場に車検を出していました。

法改正後=「前検査・後整備」もOKになり誰でも検査(車検)ができるようになりました。よって、ユーザー自ら・認証を受けていない自動車屋さん等が自分で検査(車検)できることになりました。この「前検査・後整備」は、自動車業界に激震をもたらしました。自家用乗用車の車齢11年を超える車検有効期限が2年になったのもこの時です。

するとどうでしょう?激安車検を謳う看板広告チラシ・未認証工場での違法行為・車検場での暴力行為・情報錯誤による混乱・低料金の激化による車検整備技術の安売りがはじまりました。


by 向陽自動車工業